森のコラム
CALENDAR
  • 2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ2017年7月号

      投稿者:reporter

    「アマフォレストの会」の一員で、森のお世話をしながら、尼崎の森中央緑地を趣味のカメラで撮影する、ミヤーキーこと三宅喬さん。情報誌「森のしんぶん」で毎号、写真の連載を担当いただいています。

    掲載しきれなかった素敵な写真を、三宅さんの解説とともにお届けします。

    ============

    今回は、ちょっとした手入れにストレートに応えてくれた花たちがメインです。

    初めにご紹介するのは、「卯の花(ウツギ)」です。皆さんご存知の「夏は来ぬ」の唱歌で知られていますが、万葉集に24首も歌われている等、古(いにしえ)より慕われてきた花です。


    中央緑地では、はじまりの森・ゐなの花野・第二工区で見られますが、上の写真は、湾岸下多目的広場北側で写したものです。
     ここは、1m超えの雑草群があり、植栽した樹木が全滅した区画です。そこへ昨年3月に、このウツギなどを再度植えました。
     前に全滅した経験があるため、根付くまで、また猛暑時の水遣りと成長を妨げる雑草の除去等、ちょっとした手入れで、今年見事に花を咲かせてくれました。
     林縁に花の綺麗な低木を植えて、来訪者に楽しんで貰えたらとの願いが込められています。


     次は、「ナワシロイチゴ」。ここは、湾岸下北法面の西端上部の平坦地です。

     ここも、やはり1mを超える雑草が繁茂していた場所ですが、何とか在来の草本で置き換えられないかとの期待をこめて、昨年6月にナワシロイチゴなどを植えたものです。
     上記と同じくちょっとした手入れで、今年花をつけてくれました。

     花びらが開かず、閉じた先端から顔をだしているのは、雌シベです。小さいですが、形がユニーク・色も綺麗で、感動した次第。
    実は食べられますが美味いとは言えず、ジャムなどに利用されています。


     次は「トウバナ」。場所は、はじまりの森:野草植栽試験地。

     ここもやはり、増えていく期待を込めて、当初及び猛暑時の水遣り・選別除草で健やかな成長を願っています。
     水遣りと除草は、野草の場合は、樹木以上の手入れが必要な感じがしています。


     次は「見方で印象が変わる」がテーマです。
     下の写真は何を写したものか判りますか?

     正体はこちらで、「ホタルブクロ」。

     チガヤ見本園で写したものです。上の写真は、花の中を覗いた写真です。

     最後は、「ニワセキショウ」(帰化植物)。草丈5cm程なので、普段見る姿は下の写真。

     はじまりの森芝生広場で写したものです。これを水平方向で写したのが下の写真。


     私は下側の花筒の色・形が好きなのですが、皆さんは如何でしょう!

    column

    【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ2017年7月号

    「アマフォレストの会」の一員で、森のお世話をしながら、尼崎の森中央緑地を趣味のカメラで撮影する、ミヤーキーこと三宅喬さん。情報誌「森のしんぶん」で毎号、写真の連載を担当いただいています。 掲載しきれなかった素敵な写真を、…

    column

    【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ2017年3月号

    暦では立春を過ぎていますが、季節は真冬。そんな季節の光景を集めてみました。 【はじまりの森の林床】 森の地表は落ち葉が一面です。 ですが、その落ち葉をひっくり返してみると「カメムシ」がいました。寒さのせいか、ノッソリとし…

    column
    IMG_0005

    参画と協働の森づくり ~ 瀬戸内オリーブ基金 ~

    尼崎の森中央緑地では、県民の皆さん、地域団体、法人等さまざまな方々の協力を得ながら森づくりを進めています。今回紹介する瀬戸内オリーブ基金も、森づくりに協力していただいている法人のひとつです。 瀬戸内オリーブ基金は、有害産…

    supporters

    森のレポート部、活動中!

    尼崎21世紀の森にかかわるヒトやコトを紹介する尼崎21世紀の森ウェブマガジン。このサイトに定期的に記事を投稿してくださっているのは「森のレポート部」というチームです。 この部は、尼崎21世紀の森構想の趣旨に賛同していただ…

    column

    (株)香山組の森の植樹活動

    (株)香山組の社員の皆さんで植樹を行いました。 2年間を育てて戴いた300本の苗木のうち、90本を植樹しました。 とても丁寧に育てて戴いた苗木ばかりで、今後の成長が楽しみです。

    column
    (株)香山組の植樹会

    メック(株)の森の植樹活動

    メック(株)の森で、社員とそのご家族の皆さんで植樹しました。 研究所屋上で2年間育てて戴いた苗木300本の内、134本を植樹。 子どもたちも一緒に、和気あいあいと楽しい植樹会になりました。

    supporters

    ダイナミックな第一印象にひっぱられて。【ウェブデザイナー:森口耕次】

    はじめまして。 今回新たに森の会議に参加させていただいた、茨木市のデザイナーの森口と申します。 このウェブサイトのディレクションやデザインを担当しております。 最初、尼崎21世紀の森構想のお話を伺ったときは、 「まさか!…

    column
    amasin1

    尼崎信用金庫

    森づくりの力強いパートナー 企業第1号の苗木の里親さんです。本店敷地内の育苗施設で、約3000本の苗木を育てています。 尼崎信用金庫 http://www.amashin.co.jp/  

    column

    メック株式会社

    手づくりで圃場づくり 研究所の屋上圃場で苗木を育苗中。担当の方が、ホームセンターなどで必要なものを揃え、手作りで圃場をつくってくれました。また、森づくりにも取り組んでいます。 メック株式会社 http://www.mec…

    interview
    nittesu

    日鉄住金鋼板株式会社

    工場の一角で森づくり 巨大な工場敷地内の一角で、苗木を育苗中。一度は枯れかけた苗木も、土を入れ替えて再生させるなど、愛情を持って育てられています。 日鉄住金鋼板株式会社 http://www.nisc-s.co.jp/ …

    interview
    kubota

    株式会社クボタ阪神工場

    愛情いっぱい里親苗木 中央緑地のすぐ南側のクボタ阪神工場で苗木を育苗中。ゴールデンウィークなど長期の休みでも苗木の世話のために出社し、世話をされています。自動灌水装置ではなく、植物の状態を見て水やりをするというこだわりが…

    interview
    kayama

    株式会社香山組

    都会の小さな緑のオアシス  阪神尼崎駅近くの2号線沿い、本社2階テラスで里親苗木を育苗。灌水後、アシナガバチがやってきました。苗の土を持っていって、巣の材料にするそうです。都会の屋上で小さな自然の営みが生まれて…

    interview
    seira

    尼崎市立成良中学校

    巣箱プロジェクト始動 昨年3年生が植樹した森を、今年から1年生が引き継ぎました。 今年から、森の成熟度を測るため「巣箱プロジェクト」を進めています。シジュウカラという鳥の営巣が森の成熟度を測る指標となります。今後の営巣が…

    interview

    環境学園専門学校

    森で研究 授業の一環で森づくりに参加。森の土壌の小動物や微生物から森の自然度を測ったり、土壌を分析して土の成熟度を調べたり、森のおもしろいデータを提供してくれます。 環境学園専門学校 http://www.kankyo….

    interview
    yamamura

    日本山村硝子株式会社

    労働の後の心地よい疲れも森づくり 先日、社員の有志の皆さんと家族の子どもたちと一緒に植樹をしたところ、後日感想が送られてきました。 なぜかおしりが筋肉痛になった 苗木の成長が楽しみ 来年は預かっている苗木を植樹するのでも…