レポート&コラム

更新日2020年1月10日

1月5日(日) 100年森づくり定例活動

凛としたお正月らしい空気に包まれ、100年の森づくり活動スタートです。

まだまだお屠蘇気分も抜けきらぬ頃、総勢38名の方が参加してくださいました。

本日のメニューは「補植」です。エノキームクノキ林エリアに「タニウツギ」、「ムラサキシキブ」、「ガマズミ」3種類の低木類を植えてゆきます。いずれも、きれいな花や実をつけます。公園の緑環境がより彩り豊になるよう植えてゆきます。

 

場所は、駐車場南側の法面(傾斜になっている)。公園の入り口付近にあたりです。来園者の皆さんが一番初めに目にする場所のため、今後、ウエルカムフラワーの役割を果たしてくれるものと期待しています。

 

さて、今回はご新規で来られた女性の方1名(初参加、ありがとうございます!)以外、皆ベテランの方たちです。アマフォレストの会さんのご指導のもと、少しばかり固い土も、ものともせず、どんどん植えてゆきます。

お子さんも植えてゆきます。若い方も、こころが若い方も、女性も男性も、どんどん植えてゆきます。

手ごわい根が。。。必殺兵器で、除去してゆきます。

土に触れると何かヒトの根源的な部分を呼び起こし、余計な事を考えなくなるのでしょうか、みなさん無心でどんどん植えてゆきます。

マットにU字ピンを打ち込み、

そして、水やりをして、

完了です。

皆さんの熱心な取り組みにより、終了予定時刻を30分も残して、11時には、ほぼ植え切ってしまいました。記録を撮っていた私には、この場を包む熱気の大気圏のようなものが感じられました(笑)

ここまで皆さんの「情熱」溢れうる森づくりの『動』の部分を報告しました。

ここからは、『静』の部分のお話を。以前に、大阪芸術大学4回生タカモトマヤさんが、この100年の森づくり活動を取材に来られ、ここでのインタビューをまとめた『尼DGs』という卒業制作の冊子を発行されました。尼崎で様々な活動に取り組む人たちの活動を、今話題の「SDGs」(持続可能な開発目標)の観点からまとめたものです。その中で、インタビューに答えたアマフォレストの会3名の皆さんがこの森について、4っの生態系作用をあげられています。CO2の吸収、空気の浄化作用、ヒートアイランド防止、そして、津波の防衛機能です。さらに、インタビュー最後にこのような言葉で締めくくれられています。

とてもこころに響いたのでご紹介すると。

「森は減っている。逆にここでは工場地帯を森にしようとしている。うまく森にすることが出来たらモデル地区になれるかもしれんから、頑張らないとね。僕たち(人間)は、自然に生かされているから恩返ししないとね。

とのお言葉でした。

森が生み出す生態系作用を考えるという『冷静な』部分と、

それを目標に一丸となって心に活動に取り組むことや、

次世代や、「自然への恩返し」という人としてのい思いにつき動かされる『情』の部分、

この『静―冷静』『動―情熱』両輪を大事にしながら、森づくりを進めて参りたいと、思いを新たにした新年初回の100年の森づくり定例活動となりました。

参加者の皆さんの姿勢から今回も学ばせて頂く会となりました。

ありがとうございます。

 

さて、活動後は、恒例の茶話会へ。今回は、はじまりの森でとれた「ヒサカキ」を使ったお茶をお出ししました。「ヒサカキ」は、常緑で、神棚にもお供えされる神聖な植物とされています。味は、特にくせはないのですが、香りがやや「たこ焼き」のような感じが。。。というご感想も頂きました。

お茶を楽しんだ後は、参加者の方による端材で作った楽器によるギター演奏を聴きました。ギターの伴奏で歌も歌って下さり「乾杯」と「パプリカ」の曲目を聴くことが出来ました。豊穣な歌声と心地よいギターの音色に、新年から幸先の良い感じが得られました。ありがとうございます。

 

そして、数名の方から「今年の抱負」をお聞きしました。

「家庭円満のためにも、家を出て、森へくるべし!」というご意見がお二人の方から出たのと、もっと植物について学びたい!他のフィールドの保全活動もここと同様に展開してゆきたいとの抱負もありました。

「書を捨てて、街へでよ」では、ありませんが、

「脱インドア、森へGO!」

が、皆様の新年の抱負の通底にあるように感じた次第です。

 

最後に、パークセンターから、寄贈された本による「新年福本交換会」を行いました。

持ち寄った本のご紹介をし、気になる本は、自由にお持ち帰り頂きました。ここの森づくり活動が、集まって森を作るだけにと止まらず、交流の場、憩いの場、情報交換の場、大げさで申し訳ございませんが、みんなで「新しい文化を創ってゆく場」になることを願っています。

 

寒い折、ご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

次回の活動は、1月17日(金)です。間伐を実施します。

厳冬の折ですが、ご参加をお待ちしております。

マリンカ

この記事をシェアする

Articles記事一覧

「尼崎の森中央緑地」の最新記事