レポート&コラム

更新日2020年5月8日

ゐなの花野 花だより♪

5月に入ってゐなの花野の植物は入れ替わり立ち替わり、種々さまざまな花が咲きだしています。

山のゾーンでは

白い花を下向きにたくさんつける「エゴノキ」

「エゴノキ」の花は鈴型で、甘い香りを放ち、花ごとポトッと落ちる散り方が特徴的。

花の後に灰白色の実を付けます。

野のゾーンには、

黄色い可愛い花をつける「ミヤコグサ」

一面に咲くので緑の中に黄いろい花がとってもきれい♪

「ウラジロウツギ」の可憐な白い花、

「ウツギ」に似ていますが、葉裏が白く、全体に繊細な印象を受けます。

池のほとりに「ノアザミ」が鮮やかな赤紫色の花をたくさんつけ、

「スイバ」が風に揺られています。

 

スイバには雄株と雌株があり、写真は雌株です。

海のゾーンに「ハマヒルガオ」が咲き始めました。

これからも次々色々な花が咲きだします。

ウエブマガジンで覗いてみてくださいね♪

 

 

 

 

この記事をシェアする

Articles記事一覧

「尼崎の森中央緑地」の最新記事