レポート&コラム

更新日2020年5月15日

ゐなの花野 花だより♪

この春のゐなの花野は、希少な植物も次々とつぼみをつけ、花開き始めました。

 

野のゾーンに大事に植え付けていた「サツキ」が真っ赤なつぼみを多数つけていて

先日から花開いています。

又パークセンターの横、屋根に向かって生えるつる性の植物「サルナシ」

かわいい白い花をつけ始めました。

「サルナシ」は別名「コクワ」と呼ばれ、小さなキウイのようなおいしい実を付けます。

海のゾーンの白い小花が集まっては咲く「ハマボッス」。秋には赤い実をたくさんつけます。

赤い実はクラフトなどにも利用できます。

または海岸の砂地に生える「ハマボウフウ」茎の先端に白い小さな花をたくさんつけています。

この若葉は刺身のつまに利用されるそうです。

これから夏に向かって海のゾーンでは、黄色や紫の花を次々と咲き出します。

またご紹介しますのでお楽しみに♪

 

この記事をシェアする

Articles記事一覧

「尼崎の森中央緑地」の最新記事