レポート&コラム

更新日2020年6月3日

ゐなの花野 花だより♪

ゐなの花野の山のゾーン、ササユリが咲きました。

名前の由来は、葉や茎が笹に似ていること。ユリ特有のいい香りがしています♪

葉っぱがビロードのような手触りの「ヤブムラサキ」。

小さな花がたくさん咲きました。

その近くには「ムラサキシキブ」も開花しました。

「ヤブムラサキ」と花もよく似ていますが

色や葉の感触が少し違います。ゐなの花野に来られたら、触れてみてくださいね♪

また、ツユクサもか青い花をたくさんつけ始めました。

早朝に開花し、お昼にはしぼんでしまいます。

「朝露」を連想することから「露草」の名前が付けられたとか。

ゐなの花野の野草をより近くで見ていただけるようにと池に架かる橋に設置したプランター。

そのプランターに植えられた「ウメモドキ」が可愛い花を咲かせています。花の直径は約4mm。

「ウメモドキ」は雄雌が別の木になる雄雌異株。

雄株

雌株。

うまく受粉できたら雌株の花の後には真っ赤な果実ができるかも…楽しみですね♪

今のゐなの花野は春の終わりから初夏の花が花盛り。是非のぞいてみてください。

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

Articles記事一覧

「尼崎の森中央緑地」の最新記事