レポート&コラム

更新日2021年8月16日

星の観望会を開催しました♬

8月15日(日)星の観望会を開催しました。

第1部はかさ袋を使ったロケットづくり。かさ袋に空気を入れておもりや尾翼をつけ、的に向かって飛ばします。

的はオリンピックのアーチェリーの協議で使われる公式なもの。それでまっすぐ飛んでいるか試しながら尾翼を調節。

みんな試行錯誤しながら頑張っていました。

第2部は天体望遠鏡で月や星座の観測。

今回の目標は「月面X」。上弦の月のある一時期、クレーターの壁が作り出す「X」

月の満ち欠けの周期(約30日)の中で、1~2時間ほどしか見られない珍しい模様だそうです。

雨が続いていたので観測できるか心配でしたが、直前に雲が切れ、舞子天文同好会の皆さんの望遠鏡できれいに見えました。

次の雲がかかるまでの1時間弱、前の観望会で作った望遠鏡を試したり、天文同好会の方のお話を聞いたり、それぞれに楽しい時間を過ごしました。

この記事をシェアする

Articles記事一覧

「尼崎の森中央緑地」の最新記事