レポート&コラム

更新日2021年11月25日

野の花ガーデニング(特定日環境学習)

 令和3年10月10日、一般の方を対象にした学習で、郷土の野草を使った寄せ植えを作りました。

参加者は15名です。

 

 公園でタネから育てている地域性の野草を、丹波立杭焼の市野伝市鉢に寄せ植えしました。この

鉢は、植木鉢専門の窯元で作られています。

 オトギリソウ、カワラナデシコなど草原の草花や、ツメレンゲ、ハマナデシコなど海岸や岩場の

植物など、多様な苗の中から、好きな苗を選んで作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 当学習は、オリーブ基金の助成金で購入した園芸資材を用いています。

この記事をシェアする

Articles記事一覧

「尼崎の森中央緑地」の最新記事