CALENDAR
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ2018年3月号

      投稿者:reporter

    「アマフォレストの会」の一員で、森のお世話をしながら、尼崎の森中央緑地を趣味のカメラで撮影する、ミヤーキーこと三宅喬さん。情報誌「森のしんぶん」で毎号、写真の連載を担当いただいています。

    掲載しきれなかった素敵な写真を、三宅さんの解説とともにお届けします。

    今回のレポートは、この2月に撮影されたもの。季節を少しさかのぼってご覧ください。

    ====================

    冬の森は落ち葉と幹と枝だけで、遠くが見通せるほど寂しい空間で、人を引き寄せるものが少ないのが現実ですが、そんな冬だから見られるものがないかなと、尼崎の森を探検してきました。

    今年は数十年ぶりの厳寒の冬で、その寒さを体現していたのが上の写真で、オオマツヨイグサです。葉っぱに一杯霜が降りてキラキラ光り、綺麗な文様を描いていて、思わずシャッターをきった一枚です。

    続いてはこちら。
     
    はじまりの森の中で、環境体験学習用教材として活用するため、シイタケの原木栽培を行っています。そのシイタケですが、この冬の寒さと乾燥により、折角顔を出したシイタケが大きくなることなく、カチカチの干しシイタケになっていました。済みません、写真では硬さが判らないですね!

    でもお蔭様で、ナメクジに食べられることも、腐る事もなく、どんな生え方をしているか等の観察が出来ています。ちなみに、シイタケは、バイ菌やカビ等と同じ仲間で、食べているのは植物の花に該当する部分です。

     

    次は、落葉して見通しが良くなったから、見つけやすくなったものの紹介です。
    最近滅多に見かけなくなったのが、ご存じの「ミノムシ」です。この「ミノ」の中で「ミノガの幼虫」が生活していますが、実は家づくりの名人なのです。この「ミノ」を指先で破ろうとして、中々破れなかった経験をしている人が結構いると思いますが、とても丈夫に出来ています。
     
    この幼虫は、脱皮(7回)の度に大きくなり、ミノを大きく作り変えています。写真の「ミノ」は葉と小枝で出来ていますが、自分の周りの材料を使って、お家をつくる能力を持っています。色紙を細かく刻んだ中に、ミノガの幼虫をいれておくと、色賑やかなミノをつくります。ちなみに、ミノガの雄は翅を持ち飛ぶ事が出来ますが、雌は翅も肢もありません。


    手指が凍えてカメラの操作が巧く出来ない程、寒い森の探検でしたが、この写真の光景を見た時、心がホッコリするのを感じました。シュンランです。
     
    最初に確認したのは、昨年12月初旬でしたが、少しだけ大きくなっていて、こんなに寒い中、成長してることがわかります。毎年楽しみにして観察していますが、少しずつ花芽が増えてきています。昔から日本人に親しまれて来た野草で、茶器やお椀のモチーフとして描かれています。

    また、面白いニックネームがついています、「ジジババ」というそうです。

    ===================

    「ジジババ」ユニークな呼び方ですね。どうしてこんな名前がついたのかは、森のしんぶん2018年3月号の「森のマンガ」にエピソードをご紹介しています。パークセンターにて配布していますので、手にとってみてください。

    ほんの数ヶ月前の様子ですが、写真からも冬の寒さが伝わってくることに驚きました。春になり、ずいぶん光がやわらかくなってきたんですね。

    尼崎の森中央緑地もあたたかな過ごしやすい季節となりました。カメラやスマートフォンを持って、撮影をしながらピクニックを楽しむのもおすすめですよ。
     

    report

    「緑も水辺も育む賞」感謝状被贈呈者を決定

      尼崎21世紀の森構想がめざす「森と人が共生する環境創造のまちづくり」には、行政だけでなく、皆さまの協力が必要です。  特に、構想区域内には多くの工場が立地していることから、企業関係者の皆さまの取り組みが重要となります…

    report

    全国運河サミットin尼崎2018【レポート】

    11月16日(金)、17日(土)。全国運河サミットin尼崎2018を開催しました。  「運河 マモル ツナガル」をテーマに、全国で活動する団体や尼崎運河で活動する団体が集い、運河の魅力を発信しました。  16日。シンポジ…

    text

    あまがさきモリンピック2018レポート(後編)

    2018年11月4日に開催された、あまがさきモリンピック2018の大会レポートです。前編に続きまして、各競技のようすをみていきましょう。 若本製作所杯「ニノミヤ」 昨年大幅にルール改訂がなされた、5人で参加する団体競技で…

    text

    あまがさきモリンピック2018レポート(前編)

    11月4日。晴天。あまがさきモリンピック2018の日。年に一度のちょっぴり変わった運動会の日です。 はじまって3年目。「尼崎の森中央緑地ならではの運動会をしよう」ということで実施してきましたが、運営の体制や内容が徐々にバ…

    report

    成文小学校探検事業終了レポート♪

    あまがさきでは児童が環境にやさしい取組を学び、尼崎市へ愛着を育むための事業として「環境学習」を行っています。 9月20日(木)成文小学校4年生がこの尼崎の森中央緑地で「環境学習」を体験しました。 森に植える苗を育てる圃場…

    text

    ♪大庄小学校探検事業 終了レポート♪

    尼崎市では児童が環境にやさしい取組を学び、尼崎市への愛着、誇りを育むための事業として尼崎市立小学校4年生に環境探検学習を行っています。 9月12日(水)大庄小学校4年生82人が「環境探検学習」を体験しました。小雨が降った…

    text

    【レポート】5月森っこ活動日

    あまがさき森っこ活動日  『武庫一寸って知ってる?』終了レポート 5月27日、尼崎の森中央緑地では、あまがさき森っこ活動日【武庫一寸って知ってる?】を開催しました   まずは、郷土の野菜を知ってもらうのと、ここ…

    text

    【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ2018年3月号

    「アマフォレストの会」の一員で、森のお世話をしながら、尼崎の森中央緑地を趣味のカメラで撮影する、ミヤーキーこと三宅喬さん。情報誌「森のしんぶん」で毎号、写真の連載を担当いただいています。 掲載しきれなかった素敵な写真を、…

    park

    【レポート】森市祭・グリーンフェスタ&ファミリーフェスタ

    森市祭・グリーンフェスタ&ファミリーフェスタ終了レポート! こんにちは。 3月18日(日)「森市祭」「グリーンフェスタ&ファミリーフェスタ」をおこないました! 今回も雨が心配されましたが、なんとか当日は晴れましたね(*^…

    text

    【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ2017年12月号

    「アマフォレストの会」の一員で、森のお世話をしながら、尼崎の森中央緑地を趣味のカメラで撮影する、ミヤーキーこと三宅喬さん。情報誌「森のしんぶん」で毎号、写真の連載を担当いただいています。 掲載しきれなかった素敵な写真を、…

    report

    【レポート】第2回尼崎の森ファミリークラブ植樹会

    ファミリークラブ植樹会終了レポート 12月9日(土)尼崎の森中央緑地では、「尼崎の森ファミリークラブ植樹会」を行いました!! ご参加いただきました皆様に心から感謝いたします。 寒い中、本当にありがとうございました。 では…

    report

    【レポート】森の子育てひろば

    11月18日(土)森の子育てひろば終了レポート こんにちは! 季節は素敵な行楽日和!!!! なのに、、、、雨・・・・ しかも寒い・・・・ そんな中にもかかわらず、ご参加いただき本当にありがとうございましたm(__)m で…

    report

    【レポート】8/6(日)100年の森づくり定例活動

    残暑お見舞い申し上げます。 まだまだ日中は暑い日が続きますが、朝晩は少し過ごしやすくなったような・・・?? 皆さまのお住まいの地域はいかがでしょうか(^^)/ さて、立秋を前に行われた「100年の森づくり定例活動」の内容…

    supporters

    【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ2017年7月号

    「アマフォレストの会」の一員で、森のお世話をしながら、尼崎の森中央緑地を趣味のカメラで撮影する、ミヤーキーこと三宅喬さん。情報誌「森のしんぶん」で毎号、写真の連載を担当いただいています。 掲載しきれなかった素敵な写真を、…

    report

    ♪武庫南小学校探検事業レポート♪

    武庫南小学校4年生探検事業! 7月12日(水)、尼崎の森中央緑地には、武庫南小学校4年生の皆が探検事業の一環として遊びに来てくれました           森のお話を聞い…