レポート&コラム

更新日2019年4月20日

クヌギ(春)

クヌギの雄花が咲き始めました。クヌギの雄花序は若葉の下に垂れ下がった多くのひも状のもの。ここから花粉が飛んでいきます。雌花は若葉の付け根に一つずつ咲きます。雄花の花粉が雌花に受粉し、やがてどんぐりに育ちます。クヌギのどんぐりは1年半かかって育つので、今年の秋どんぐりになる赤ちゃんも枝先についています。いろんな不思議の詰まったクヌギの木。一度見に来てください。

この記事をシェアする

Articles記事一覧

「尼崎の森中央緑地」の最新記事