レポート&コラム
CALENDAR
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • サポーターコラム

    【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ

      投稿者:reporter

    尼崎中央緑地が発行しているフリーペーパー「森のしんぶん」にて
    ほぼ毎回連載している「ミヤーキーのカメラ」。

    尼崎の森の風景を撮り続ける男「ミヤーキー」こと三宅喬さんが激写した、森の意外な表情をご紹介しています。

    森のしんぶんではご紹介しきれなかった写真を、三宅さんのレポートとともにご紹介します。

    ======================================
    初冬ですが、今回は「実りの秋」をテーマにして、写真を選択しました。

    最初は、初めてのものです。
    はじまりの森で育った「椎茸」第一号です。
    これは昨年2月、アマフォレストの会員が、植菌体験した時のホダギです。

    とても美味しそうでしたがそのままにして、開き切った所で採取し、展示用としてパークセンターに預けました。

     

    次は、季節を勘違いした「おっちょこちょいのどんぐり(アベマキ)」です。

    今年も、子供たちが「どんぐり拾い」を楽しんでいましたが、今年は高齢の女性がどんぐりを拾い集めているのを見かけました。
    そのどんぐりは、落下すると間もなく尖った先端から根を出し、土の中に潜り、根を張って冬を越します。 そして春暖かくなってから、芽吹きます。
    が、今年は「夏」と「秋」が繰り返される異常な気候だったせいか、季節を勘違いして、秋の内に芽吹いたどんぐりがいました。 根の状態が見える様に、どんぐりの手前側を深さ5cm位掘り下げて、撮影しています。


    次は、森の「ラピスラズリ」です。

    ラピスラズリは12月の誕生石として人を楽しませてくれています。赤色の萼(がく)との色の対比がとても綺麗でお気に入りですが、これは「クサギの実」です。
    この実は昔から青色の染色材料として利用されています。青色系統の色が出る物が数少ないので貴重なのですが、この実は媒染材を使わずに染める事が出来るので重宝されているようです。

     

    次は森の不思議の一例です。
    写真は「イヌビワの実」です。
    イヌビワと言う名前ですが、イチジクの仲間です。
    イヌビワは、雌雄異株で雄の木と雌の木が別々です。

    不思議➀ 普通、実は雌の木に付くのですが、イヌビワは、雄の木にも
    雌の木にも実がなります。

    不思議➁ イヌビワの雌の木は、初冬には丸裸になり、幹と枝だけです。
    写真は、雄の木で、緑・黄色・橙・赤・赤黒と賑やかです。

    不思議③ この雄の木の株下をみると、赤い実が沢山落ちています。
    写真の雄の木の実は落ちる事なく、来春までこのままです。

     

    そこで、落ちている実と枝についている実と何処が違うか見てみました。
    下の写真は落ちている実の断面写真です。中央が空洞になっています。
    また、下の写真は枝に残っていた実の断面です。中に空洞がありません。
    その理由は、イヌビワコバチが実の中に卵を産みつけ、卵の周りが膨らんで
    丸い虫こぶになっており、その結果、空洞部分が無くなった訳です。

    実は「イヌビワ」は、イヌビワコバチと一対一の共生関係にあり、コバチに春花粉を運んで貰うために、このコバチを育てていると言えます。
    春になって虫コブからコバチの成虫が生まれ、外の世界へ飛び立つと、役目を終えたイヌビワの実は落果します。
    尚、コバチが卵を産まなかった雄の木の実は、秋の内に落果してしまっています。

    こうした共生関係を築いて、競争の激しい自然界を生き延びているのは驚くばかりです。

    (写真と文 三宅喬)

    text

    【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ2017年7月号

    「アマフォレストの会」の一員で、森のお世話をしながら、尼崎の森中央緑地を趣味のカメラで撮影する、ミヤーキーこと三宅喬さん。情報誌「森のしんぶん」で毎号、写真の連載を担当いただいています。 掲載しきれなかった素敵な写真を、…

    text

    【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ2017年3月号

    暦では立春を過ぎていますが、季節は真冬。そんな季節の光景を集めてみました。 【はじまりの森の林床】 森の地表は落ち葉が一面です。 ですが、その落ち葉をひっくり返してみると「カメムシ」がいました。寒さのせいか、ノッソリとし…

    supporters

    【森のしんぶんから】ミヤーキーのカメラ

    尼崎中央緑地が発行しているフリーペーパー「森のしんぶん」にて ほぼ毎回連載している「ミヤーキーのカメラ」。 尼崎の森の風景を撮り続ける男「ミヤーキー」こと三宅喬さんが激写した、森の意外な表情をご紹介しています。 森のしん…

    text

    本日のお客様♫

    【本日のお客様♫】 本日(5/9)はずっと雨が降り続きました☂ これだけ雨が降るとなかなか、お客様もおこしになりません… でも、ふと気が付くと、「ゐなの花野」にとっても可愛いお客様がお見えになってました☆彡 …

    text

    「つなGirl」さんが主催するイベント「キッズフェスティバル」を取材しました!

        尼崎市南塚口町にある園田学園女子大学の学園祭の中で開催された、「つなGirl」さん主催のイベント「キッズフェスティバル」を取材しました!     「つなGirl」さんが、親…

    text

    つなGirlさんがお手伝いに来てくれました!!

    10月10日(土)に尼崎の森中央緑地で開催した「森のピクニック」に、園田学園女子大学の「つなGirl」さんがお手伝いに来てくれました!!   当日は、スタッフとして会場の設営をしたり、アンケートでは来園者の方に…

    text

    ミヤーキーのカメラ(WEB版)

    毎回「森のしんぶん」にて連載している「ミヤーキーのカメラ」。 尼崎の森の風景を撮り続ける男「ミヤーキー」こと三宅喬さんが激写した、森の意外な表情をご紹介しています。 今回は夏の終わりの風景を3つ。   はじまり…

    text

    “地域”と”大学”を繋げる女子大生「つなGirl」さんを取材しました!vol.1(紹介編)

    今回は、尼崎市内で活躍されている団体の紹介をしたいと思います! 尼崎市南塚口町にある園田学園女子大学の学生による団体「つなGirl」さんを取材しました。   まず、vol.1(紹介編)では、「つなGirl」さん…

    text

    ✿ゐなの花野開花情報✿

    こんにちは!!尼崎の森中央緑地パークセンター編集者です。 暑さが増して、蝉の大合唱も始まりました!! その中で、暑さや風の強さにも負けず、鮮やかな黄色の花をつけるツワブキをご紹介いたします。 以前にご紹介した、ハマゴウと…

    text

    ✿ゐなの花野開花情報✿

    こんにちは♪ 尼崎の森中央緑地編集者です!! 台風11号が通過して、暑い天候が続いてますが、「ゐなの花野」のお花たちは元気です! 今回は、ハマゴウをご紹介します♪ 砂地の中から伸びて、青紫色の美しい花をつけます。  葉っ…

    text

    ノウゼンカズラが咲いてます♪

    こんにちは♪ 尼崎の森中央緑地編集者です!! 尼崎スポーツの森の南西角の壁にノウゼンガズラが咲いてます♪ ナツヅタの緑色のなかに、オレンジ色の鮮やかな色が美しいです♪ またこちらのナツヅタは、阪神甲子園球場のリニューアル…

    text

    尼崎の森中央緑地に遊びにきてくれました♪

    こんにちは☀ 尼崎の森中央緑地パークセンター編集者です!! 青空が広がる気持ちのいい天気の日に、素敵なご家族が遊びにきてくださいましたよ♪ パークセンター内で毎日行っている、モックン作りを楽しそうに作ってくれたあと、アル…

    text

    尼崎の森中央緑地にアルプホルンがやってきました♬

    尼崎の森中央緑地にアルプホルンがやってきました!! アルプホルンとは?? 金管楽器の一種で、木製円すい管にカップ状のマウスピースをつけて演奏する、スイスなどの山地の民族楽器です。 指でおさえる穴のようなものはついておらず…

    text

    ゐなの花野に河原撫子と桔梗が咲きました♪

    尼崎の森中央緑地「ゐなの花野」で河原撫子(カワラナデシコ)と桔梗(キキョウ)が咲きました。 華やかなピンク色と、凛とした青紫色の花が心地よさそうに風に揺れてます。 夏から秋にかけて咲く「秋の七草」の二種、和歌や俳句でも詠…

    text

    尼崎の森中央緑地の情報誌 “森のしんぶん” ができました。

     “森のしんぶん” には、尼崎の森中央緑地に関する情報がたくさん詰まっています これから定期的に発刊していきますので、情報を素早くキャッチして、みなさんぜひ中央緑地に遊び来てください  …