レポート&コラム
CALENDAR
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • レポート&コラム

    開催されたイベントのレポートからコラムまで集めた読み物コーナー

    遊びから学びまでさまざまなイベントの開催内容をレポートしたり、森や運河での活動を様子、参加団体「森の仲間たち」への取材記事などを発信します。

    report

    森の写真講座レポート【参加者写真レポート no.3】

    参加者の皆さんも初めて来たという人が多かった「尼崎の森中央緑地」。マクロで撮りたくなる自然風景がありました。   撮影:吉田ひとみさん  【講評:小林哲朗(写真家)】赤色の葉が強い色なので、インパクトのある写真…

    report

    森の写真講座レポート【参加者写真レポート no.2】

    運河沿いに並ぶ工場群。土曜日も休まず働いています。そんな工場の中がすっぽり見えるスポットがあります。天井に付いた操縦室からクレーンを操り、船へ荷物を積み入れたり。こんな風景が見られるのも運河ならではです。 撮影:前羽民人…

    report

    森の写真講座レポート【参加者写真レポート no.1】

    写真講座の参加者の皆さんから自信作を送ってもらいました。それぞれの写真には、工場写真家の小林哲朗さんの講評をいただきました。 北掘運河と中堀運河の合流点にある「であい橋」。かつてこの近くにあった関西熱化学のガスタンクをモ…

    report

    森の写真講座レポート

    森のレポート部の第1回は「森の写真講座」。講師は尼崎在住の写真家の小林哲朗さん。工場写真家としても有名で、写真集「工場ディスカバリー」を出版されるほど。昨年からは尼崎工場写真ツアーのガイドとしても活躍され、尼崎の工場地帯…

    supporters

    ダイナミックな第一印象にひっぱられて。【ウェブデザイナー:森口耕次】

    はじめまして。 今回新たに森の会議に参加させていただいた、茨木市のデザイナーの森口と申します。 このウェブサイトのディレクションやデザインを担当しております。 最初、尼崎21世紀の森構想のお話を伺ったときは、 「まさか!…

    report

    今年も暑かった!うんぱく2013レポート

    尼崎運河の秋のイベント「うんぱく」が、今年も北堀運河で開催されました。これは尼崎市民にはまだまだ馴染みの薄い運河に親しんでもらおうと、NPO法人尼崎21世紀の森が中心になって開催しているイベントです。 工場地帯をガイドす…

    report

    平成25年度第1回苗木の里親植樹会を開催しました!

      第1回苗木の里親さん植樹会を開催しました。114名の方に参加していただき、賑やかな植樹会になりました。 持ち帰って育てていただいた苗木を植樹していただいた後は、はじまりの森の見学や鉢上げ(苗木の植替え)を体…

    interview

    尼崎信用金庫

    森づくりの力強いパートナー 企業第1号の苗木の里親さんです。本店敷地内の育苗施設で、約3000本の苗木を育てています。 尼崎信用金庫 http://www.amashin.co.jp/  

    interview

    メック株式会社

    手づくりで圃場づくり 研究所の屋上圃場で苗木を育苗中。担当の方が、ホームセンターなどで必要なものを揃え、手作りで圃場をつくってくれました。また、森づくりにも取り組んでいます。 メック株式会社 http://www.mec…

    interview

    日鉄住金鋼板株式会社

    工場の一角で森づくり 巨大な工場敷地内の一角で、苗木を育苗中。一度は枯れかけた苗木も、土を入れ替えて再生させるなど、愛情を持って育てられています。 日鉄住金鋼板株式会社 http://www.nisc-s.co.jp/ …

    interview

    イバショの森づくりグループ ※休止中

    若者の新たなイバショ 会社の中で、同好会的に発足したグループで、若い男性従業員が多く参加しています。 月2回の森づくりの活動日に毎回参加し、「若者ならでは」の話をしながら楽しそうに作業をしています。社長さんから、「職場で…

    interview

    株式会社クボタ阪神工場

    愛情いっぱい里親苗木 中央緑地のすぐ南側のクボタ阪神工場で苗木を育苗中。ゴールデンウィークなど長期の休みでも苗木の世話のために出社し、世話をされています。自動灌水装置ではなく、植物の状態を見て水やりをするというこだわりが…

    interview

    株式会社香山組

    都会の小さな緑のオアシス  阪神尼崎駅近くの2号線沿い、本社2階テラスで里親苗木を育苗。灌水後、アシナガバチがやってきました。苗の土を持っていって、巣の材料にするそうです。都会の屋上で小さな自然の営みが生まれて…

    interview

    尼崎市立成良中学校

    巣箱プロジェクト始動 昨年3年生が植樹した森を、今年から1年生が引き継ぎました。 今年から、森の成熟度を測るため「巣箱プロジェクト」を進めています。シジュウカラという鳥の営巣が森の成熟度を測る指標となります。今後の営巣が…

    interview

    環境学園専門学校

    森で研究 授業の一環で森づくりに参加。森の土壌の小動物や微生物から森の自然度を測ったり、土壌を分析して土の成熟度を調べたり、森のおもしろいデータを提供してくれます。 環境学園専門学校 http://www.kankyo….